現金主義だった僕が99%クレジットカードで支払うようにした結果。

おっさん役立

この記事のまとめ

もう現金いらないんじゃね?ってなりました。

小銭が財布にあったら帰宅したときに小銭BOXへ全て入れるようにして、財布が軽くなりました。

支出管理もできて、支出の1%以上がポイントになるので、年間で数万ポイントもたまるようになりました。

よめ
よめ

あんたそんなにクレジットカードばっかり使っているけど大丈夫なの?

のへ
のへ

月の請求額は凄いけど、支出が全部記録されてるからムダづかいしてるかチェックするためにも積極的に使ってます…


とりあえずのオススメ3カード(すべて無料)

ポイントの使いどころで困らない
メインカード
Suica使う人ならこれカラオケが30%OFF
楽天カードビックカメラSuica

1年に1回以上使用で
年会費無料
(うまい棒でもいい)
エポスカード

現金使ってますか?

僕はもうほとんど使わないようにしました。

もうカードが使えるところなら徹底的です。

コンビニの100円の支払いにもクレジットカードを使うようにしました。


もちろん最初は「現金の方が早いんじゃね?」と思ってました。

しかし実際カードを使ってみるとあら不思議。現金よりも圧倒的にカード決算のほうが早いです。


最近ではサインも暗証番号も不要で、カードをかざすだけで決済出来てしまうところもあります。

コンビニとかはそうでした。

これがめちゃくちゃ早いです。

少額だからと面倒におもって現金支払いしてましたが、少額だからこそ暗証番号すら不要で決済してくれるところが増えているようです。


財布を無くしたことありますか?

ぼくも経験ありますが、もし運よく見つかってどこかに届いていても、お札だけ抜かれてませんでしたか?

こんな時カードとか盗まれてなくて良かったーと思いませんでしたか?

実はカードよりお札が抜かれてた方がヤバいです。

なぜならカードなら電話で使用を止めることができたり、不正利用された場合は補償されるサービスがあります。

でも現金の場合はあなたの抜かれたお札がノーリスクで誰かに使われておしまいです。

まず帰ってこないですよね。


これを考えた時にもう現金を持つ理由がなくなってしまいました。

後ほど書きますが、お年玉とか割り勘の時とか、誰かに渡すときにしか現金を持つ理由がないです。

あとは子供のガチャガチャのために100円玉を入れておくくらいです。

 

つまり、クレジットカードを積極的に使うと


支出の1%以上がポイントとして戻ってくる
さらに小銭を財布から撤去すれば財布が軽量化する。
しかも家計簿をつけなくても全部の支出が見えるように。

という、いまさら感たっぷりの内容の記事です。


とりあえずのオススメ3カード(すべて無料)

ポイントの使いどころで困らない
メインカード
Suica使う人ならこれカラオケが30%OFF
楽天カードビックカメラSuica

1年に1回以上使用で
年会費無料
(うまい棒でもいい)
エポスカード
スポンサーリンク

クレジットカード払いのメリット

支払った額の1%が返ってくる


これが最大のメリットです。

世間でも知られていることですが、クレジットカードを使うとそれに応じてポイントがもらえます。

普段の支出を意識的にクレジットカードに変えたり、光熱費などもカードを使うようにすればどんどんポイントがもらえます。


最初にポイントって大きいなと感じたのは旅行の時でした。

1万円の宿の支払いをクレジットカードにしたら100ポイント帰ってきました。

当たり前ですが。

でも「支払いの方法変えただけで100円もらえたじゃん!」
と思ったら、そこからもう航空券とか深夜バスとかレンタカーとか額の大きい物から意識的にクレジットカードを使うようになっていきました。

そして今に至ります。

使えるものはすべてクレジットカードで支払うようにしています。

実際、光熱費にカード使えるのはかなり大きいです

光熱費は1年間に20万円とか使いますよね。

それが10年も20年も払い続けるものなので、これがポイントになったらかなり大きいです。

 

家計簿が勝手に記録できる


去年の電気代とかってすぐわかりますか?

ぼくはまったく家計簿はつけないのでわからないですが、クレジットカードの明細をさかのぼれば分かります。

ということで望んでもいないのに勝手に支出が記録されていきます

中身をよく見れば削れるであろう支出も見えてくるので本気で家計簿付ける人には便利です。

 

財布が軽量化する


現金を使わないように意識すると小銭が不要になります。

僕は数枚のお札だけを財布に入れて、小銭は自宅の小銭回収BOXに投げ入れるようにしました。

これで本当に財布が軽くなりました。

財布が軽いのは寂しい気もしますが、試してみてください。

 

支払いが高速化


基本的にカード支払いすると手間と所要時間が減ります。

しかし、スーパーや美容室などでは暗証番号を求められます。

サインなんかを求められる場合は結構めんどくさいです。

それに現金支払いでも、今のレジはお釣りが自動で出てくるものが多いので5千円とか1万円をさっと出せばわりと早く済みます。


だがしかし、コンビニとか少額の決済をする場所だと暗証番号すら入れずに決済できる場合があります

こうなると爆速です。

そこら辺のバーコード決済の準備とかするよりも、クレジットカードの方が早くて楽です。

というわけで色んな場所でカード支払いを試してみてください。

早く決済できる店が分かれば積極的に使うようになるはずです。

 

現金のメリット

現金しか使えない場面がまだある


先ほども少し触れましたが、ガチャガチャとか自動販売機はまだまだ現金主義ですね。

小さな飲食店でも現金のみのところはまだまだあるでしょう。

なんならガソリンスタンドでもクレジットカードが無理なところも僕の身近に存在します。


あとはお年玉とか香典などの日本の風習です。

この辺のキャッシュレス化は難しそうですね。


こういう現金のみ可能な場面があるうちは人生の完全なるキャッシュレス化はまだまだ先でしょう。

 

誰かに渡すときに使う


タクシーとか飲み会で割り勘したときや、何かの対価としてその場ですぐに使えるのはやはり現金ですね。

僕は割り勘してもPaypayとかLineペイでお金を受け取ったり、支払ったりするのは抵抗ないです。

しかし初対面の人にこれをやるのは面倒なので、現実的に考えたらやはり現金を使いますね。

 

まとめ&小話


現実主義者だった僕からしても、クレジットカードを使いまくるのには慣れがいりました。

むしろ慣れてしまえば呼吸のようにクレジットカードを使えるようになります。

現金のメリットも存在しますが、明らかに得をするのはクレジットカードなどのキャッシュレス化です。

手っ取り早くお得になって便利なので、クレジットカードを使うのに慣れてしまったほうが良いでしょう。


ポイント還元
支出管理
財布の軽量化
支払いの高速化


この辺がメリットのまとめになります。

デメリットもほぼないので脱・情弱には欠かせない要素でしょう。


とりあえずのオススメ3カード(すべて無料)

ポイントの使いどころで困らない
メインカード
Suica使う人ならこれカラオケが30%OFF
楽天カードビックカメラSuica

1年に1回以上使用で
年会費無料
(うまい棒でもいい)
エポスカード


ここから小話です


僕はそれなりの田舎に住んでいます。

電車は1時間に1本あるかないかというレベルです。

新型コロナの感染者も2020年6月23日の時点で0人です。


何が言いたいかというと結構クレジットカード使えない所が多いんです。

しかも他のところよりも安くてよく使うスーパーやガソリンスタンドに限ってクレジットカードが使えないんです。

なんなら水道料金もクレジットカードが使えなかったりします。

キャッシュレスを推進している日本政府ですが、やはり利用者の恩恵だけではなく店舗側にもそれなりの恩恵がなければ、なかなか浸透はしていかなかったですね。

市町村の公共料金が対応していないのは流石にどうかと思いますが

自動車税もクレジットカードで払おうとすると手数料がとられますよね。

本当に推進する気があるのかな?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました