【今日もやっちまった】エコバックを確実に忘れない方法

おっさん役立

この記事のまとめ

①コンビニや売店ではエコバックを持っていく習慣がないから忘れる

②財布を持たずに買い物することは無い

③小銭は家の貯金箱にすべて預ける

小銭入れに極小のエコバックを入れる

よめ
よめ

レジ袋有料で買ってきたらわかってるわよね。

あれだからね。あれ。

のへ
のへ

(コンビニとかはエコバック持ってくの忘れるのよね)



レジ袋が有料化する波が来ましたね。


昼のニュースTVでとある有名人が

「3円とか気にする人います?有料化しても変わらないでしょ」

みたいなことを言った人がいましたが、これがTVに出る人の感覚かと素直に思いました。


私はケチります。


スーパーなどでは最初から行くと決めているからエコバックを忘れることは少ないと思います。(でもよく忘れますが)

しかしコンビニとか行く気もなかったけど、不意に買い物をする必要性があらわれた時ってエコバックを忘れることありませんか


そこでエコバックを絶対に忘れない方法を思いついたので実践してみました。


答えは単純

財布の中に入れとけばいいんです

いやいや、財布にそんなスペースないしパンパンになるじゃん。


いえ、大丈夫です。

小銭をすべて財布から排除するなりして空間を確保します。

そこにコンパクトエコバックか再利用したレジ袋を入れておきましょう。

これでもう会計で困ることはありません。

  

つまり、エコバックを忘れない方法は


財布にスペースを空けてエコバックを入れておく

買い物の時には財布が必要なので絶対に忘れない。

これでもう大丈夫。

スポンサーリンク

財布にエコバックを入れるスペースを確保する



財布にエコバックを入れるにはスペースが必要です。

ではどうやったらエコバックを入れるスペースを確保していくのか。

いくつか紹介します。

 

財布から小銭を排除する


これが一番です。

小銭を財布に入れないようにしましょう

家に帰ったらすぐさま財布に入っている小銭を空いてるお菓子の缶にでもぶち込みましょう。

もしゲーセンやガチャガチャをする趣味があるのであれば100円玉だけは残しておいたほうが良いかもしれませんが、他は不要です。

これで財布の軽量化とスペースの確保ができます。

最終的には小銭入れにエコバックを入れるようにしましょう。

 

お札もなるべく少なくする



お札も多すぎると財布をデカくする原因になります。

人によりますが2万円もあれば困ることは無いはずです。

もっと言うと完全にキャッシュレス化してクレジットカードやQRコード決済を日々活用していけば、お札を財布に入れる必要性が減っていきます。

もし飲み会の割り勘にも対応したいのであれば、5千円札を用意しておくと会計の時に嫌な顔をされる確率はぐっと減るはずです。

というわけで1万円札が1枚、5千円札が2枚、合計3枚で済ますようにすればスペース確保に繋がります。

このうちの1万円札はもしもの時ようにスマホケースにお札を忍ばせておくというのも一つの手です。

 

カードも減らしておく


カードも入れれば入れるほど場所をとっていきます

クレジットカードとATMのキャッシュカードはよく使うものだけを入れてポイントカード、会員カードは極力持たないか、カード専用の財布に入れるように心がけましょう。

特にポイントカードは再現なく増殖していくので1年か2年以上使っていないものは捨てるなり隔離するなりしておくのがいいでしょう。

 

避けられないデメリット



いくら財布にエコバックを入れるスペースを確保しても限界があります。

せいぜい1つか2つまでしか入れることしかできないでしょう。

コンパクトエコバックなら何個か入れても大丈夫かもしれません。

しかし、入れれば入れるほど財布はデカくなってしまいます


しかもわざわざエコバック買うお金がかかるのも嫌なものです。


という事で財布の中のエコバックは緊急時用で割り切って一度使ったレジ袋を畳んで入れておくのもありです。

これが一番環境にも財政にも優しいような気がします。

まとめ



エコバックを忘れないようにするなら常に携帯するのが重要だ、という事でした。

そしてお買い物の時に財布が必要なので、財布の中にエコバックを入れておければ忘れることは無いのです。

とはいえ、わざわざコンパクトエコバックを買うのもお金がかかるのでこれだと本末転倒。

なのでこれまでもらったレジ袋を財布に入れて再利用するのが一番いいんじゃね?という内容でした。


ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました