【初級】ストレス無しの一人暮らし節約術!携帯代を71.4%削減した方法

おっさん役立

この記事のまとめ

格安SIM乗り換えるだけで、スマホ代は2000円以下になります。

電話番号も端末も変わらない、通信速度もほぼ変わりません。

知ってる人はやっている、知らない人は損してるのが格安SIM。

ネット申込で手軽に手っ取り早く節約できます。

よめ
よめ

スマホ代ってそれなりにかかるけど。まあ仕方ないよね。

大体周りの人も7000円くらいかかってるみたいだし、不満もないわ。

のへ
のへ

いやいや、毎月7000円はかなりもったいないよ。

スマホ代は一番手っ取り早く節約できる出費なんだ。


超簡単オススメ3社の比較

安さと回線速度の両立データ使用が無制限とにかく回線速度が速い
BIGLOBEモバイルRakuten UN-LIMITUQモバイル



節約の第一歩はスマホ代の見直しです。


僕もそうでしたが、携帯会社って特に不満もないし乗り換えがめんどくさそうなので最初に買ったところでそのまま利用しているって事ないですか。

または乗り換えたとしても大手携帯3社のどれかに乗り換えたり。


それ、実はかなりもったいない!


スマホ代は格安SIMに変えるとめっちゃ安くなります。

使い方にもよりますが、月に2000円以下になるというのは結構当たり前です。


固定費の削減の中でも一番簡単なのは間違いなく毎月のスマホ代を見直すことです。

大まかな作業は、ネットで申し込んでSIMカードを抜き差しするだけ。


一人暮らしの時に格安SIMに乗り換えましたが、携帯代は7000円台から2000円以下に節約できました。(70%以上削減)


固定費の節約はここから始めましょう。

 

格安SIMとは

スマホにはSIMカードが挿入されています。

SIMカードによってあなたのスマホはどこの通信会社を利用するかを決めています。(auとかdocomoとか)

格安でスマホのデータ通信を行ってくれる会社があります。(UQモバイルとか)

その会社のSIMカードを契約してスマホに挿入し利用すると、毎月の携帯代が安くなります。

この格安でデータ通信をしてくれるSIMカードが格安SIMです。




節約で最初にやるべきなのが、なぜ格安SIMへの乗り換えなのか


それは格安SIMに変えても生活の質はほとんど変わらないからです。

通信会社を引っ越しするという手間が最初にあるだけ。

引っ越し作業が終わってしまえば、あとはいつもどおり使えます。

 

「いやいや、スマホ代は7000円くらいするものでしょう。」

「通信費が安くなっても回線が遅くなったら意味ないよね。」

「通信データの容量も少ないんでしょ。」

「よくわかんない端末を使って貧乏くさい生活したくないよ。」

「パスワードの関係もあって電話番号は変えたくない」



しかし、格安SIMは今使ってるスマホはそのまま使います。

電話番号もそのままです。

データ使用量が無制限というプランもあります。

回線スピードも大手3社と同等かそれ以上の格安SIM会社もあります。

こんなメリットがあっても月の請求額は3000円以下のものがほとんどです。


また、特に安さを売りにしている格安SIMもあります。

ちなみに僕の場合はデータ量や回線スピードよりも安さ重視です。


現在、夫婦2人でのスマホ代は毎月3000円程度に抑えられています。

一人当たり1500円ほどです。

それでも回線スピードに対する不満もありませんし、データの使用量も毎月余ってます。


もしも、1人7000円のスマホ代を払っていたとして、夫婦2人で毎月14000円ほどかかっていたとします。


この夫婦が格安SIMにすることで2人のスマホ代が毎月3000円ほどになったとします。

こうするとスマホ代は月に1万円以上も安くなったという計算になります。


これにより単純計算で10年後には120万円の貯金額の差がでますよね。

 

つまり、格安SIMに変えると


今のスマホのまま、電話番号もそのまま、回線スピードもほぼそのまま、固定費はそれなりに下がって生活に余裕ができるよ!というのがこの記事の内容です。

さあ、固定費を減らして明日から良い夢を見よう。


超簡単オススメ3社の比較

安さと回線速度の両立データ使用が無制限とにかく回線速度が速い
BIGLOBEモバイルRakuten UN-LIMITUQモバイル
スポンサーリンク

格安SIMへの乗り換え手順



やる事は4つほど。

最終ゴールは格安SIM会社のSIMカードを今使っているスマホに挿入することです。


今回は、今使っているスマホと電話番号を変えずに大手キャリアから格安SIMに移行することを想定しています。

手順を見ていきましょう。

  

①クレジットカードを用意する


持っていたら飛ばしてください。

格安SIMの支払い方法はクレジットカードがメインです

持っていない方は審査が通りやすくて、ポイントがめっちゃもらえて、ポイントを使うのにも迷わない楽天カードが良いでしょう。

早ければ1週間もせずに自宅に届きます。

 

②今使ってる携帯会社のショップへ行ってSIMロック解除



今使っているスマホはSIMロックされています。

SIMロックとは
「お前の端末、俺以外の通信会社じゃ使えねーようにしといてやるぜ」というおそろしい設定です。

ショップの店員さんに言えばすぐにSIMロックは解除してくれるのでお願いしましょう。

大体この時点で店員さんは「こいつ解約するんやろうなー」と察してくれます。

③ショップでMNPの転出と解約

MNP(Mobile Number Portability)とは

電話番号を変えずに通信会社を変えるためのサービスです。
転出するとMNP予約番号という数字をもらいます。

この数字はかなり大事。



いきなり嫌いなアルファベット略字が出てきましたが、これは自分の電話番号を引き継ぐための引っ越し手続きです。

ショップでMNPの転出と解約を頼みましょう。

MNP予約番号という数字がもらえるので、これが貰えたらもうこっちのもんです。

今使っている携帯会社を解約してさよならしましょう。

  

④格安SIM会社にネットで契約し、SIMカードをスマホに挿入


いよいよ格安SIM会社と契約します。


特徴に分けて、オススメの3社を紹介します。

安さか、データ量か、速度か、どれにします?

安さと回線速度の両立データ使用が無制限とにかく回線速度が速い
BIGLOBEモバイルRakuten UN-LIMITUQモバイル


大体この3つのどれかで選べば問題ないでしょう。


MNP予約番号を入力するところがあるので、これを正確に入力して電話番号を引き継ぎましょう

北海道に住んでても1週間もかからずにSIMカードが郵送されてきます。


今使っているスマホにこのSIMカードを挿入して、必要があれば郵送されたときについてくる初期設定の説明を読んでスマホの設定をしましょう。

これでWifiに繋げずにネット検索などができれば引っ越し終了です。

 

ちなみに、大手の携帯会社のショップでは解約するときに
「多額の解約金が発生するんですが、本当に解約しますか?」
とおどされるかと思います。

そこは Cool に、「はい大丈夫です。」と言いましょう。

格安SIMに乗り換えれば、多額の解約金も数か月で元が取れるはずです。

使ってみた感想(正直に)



本当に正直な感想です。

不満ないです。


お察しのとおり、たしかに混み合う時間(12時から14時の間とか)は通信速度が落ちます

が、そんなに気になるほどじゃないです。

普通にSNS、Youtubeできます。


それよりもスマホ代が格段に安くなる恩恵のほうがはるかに大きく感じました

そもそも家や職場にwifiが飛んでいるなら、その時間の通信速度もまったく気にしなくて大丈夫でしょう。


そして通信データの容量についてです。

これは大手の通信会社でも使用制限があります、むしろ格安SIMのほうが安く大容量にデータを使えるようになるのではないでしょうか。


それに無制限にデータ通信が行える格安SIM (Rakuten UN-LIMITなど) もあります。

私も実験的に使ってます。2つ目の格安SIMの契約です。

データ無制限のSIMでスマホからのテザリングを使って、他の人にもデータ通信を分け与えてたりもしてます。

だって無制限だし。いいじゃない。

それでも月に3000円ほど(1年間タダ)です。


意外なメリットもあります。

SIMロックを解除したSIMフリーな端末なら基本的にどんな機種でも選べます。


ということは


一昔前の安くなったスマホでもいいんです。

正月のセールで、半額で買えた機種でもいいんです。

実際に2つ目のSIMカードは前まで使っていた古い端末にさして使っています。


格安SIMを使ってみて、大手3社の携帯会社を使う気にはもうなれませんでした。

僕にとって(おそらく大多数の人にとって)、大手3社のスマホ、回線を使うのは性能が高すぎてコスパが悪いと思いました。


もしも、例えるなら

大手携帯3社の通信業者で最新機種のスマホを使うのは、
スポーツカーで高速道路に乗って通勤をするようなものではないでしょうか。


たしか最新の機種は性能も良いです。

写真や動画なんて簡単にプロ並みの品質で撮影できます。

最新というのは見栄もはれます。

それに、大手は回線スピードも最高です。



でも端末代も維持費もすごいんです。

そのプロ並みの性能、回線スピードが本当に必要なのでしょうか


スマホの使用用途を確認したら、LINEとか暇つぶしとかがメインなはずです。

暇つぶしがメインなのに、そんなに最高なものを使う必要があるでしょうか。
(もちろん仕事で写真や動画を使うとなれば別ですが)


だから、ためしに新品で2万円くらいで買えるのスマホに格安SIMを差して使ってみてください。

きっとこれでもいいやと思えてくるはずです。

もちろん最上位の性能のスマホに格安SIMをさして使っても良いですが、節約するのが目的なら端末も安い物を使うほうが良いでしょう。
 

オススメする人、オススメできない人



よっぽど通信速度にこだわってる人でない限り、僕は絶対全員やったほうが良いとおもいます

というかそんなに通信速度は気にならないですが。

実際に Y!mobileUQモバイル あたりはSoftbankより早いというデータまであります。(リアルタイム通信速度比較ツール「SIMW」=https://xera.jp/simw/


しかしオススメできない場合もあります。

さすがに、スマホで株の取引きとか相場の情報で1秒を争う人にまではオススメは出来ません。

どんな時間帯でも回線速度が安定している au 、 docomo がいいでしょう。
 

で、どこの会社のやつがいいの?


ではざっくりオススメ3社を解説していきます。
 

コスパがいいBIGLOBE



僕がつかっているのは BIGLOBEモバイル です。

3GBのプランを夫婦二人で分け合ってつかってます。

3GBを二人で使うのは少ないだろうと思うかもしれません。

しかし、ほぼWifi下で使うか、Wifiに繋がってるときに動画とかダウンロードしといて、Wifiに繋がっていない時にそれを見るようにして節約するようにすれば大丈夫です。

これで二人で3000円くらい

 

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

データ使用量が無制限の楽天モバイル



都市部に住んでいるのであれば楽天の自社回線でデータ使用が無制限Rakuten UN-LIMIT が良いでしょう。

回線スピードも良いです。

料金は一人3000円ほどです。(1年間無料のキャンペーンとかやってる)

という事で1年間無料キャンペーンに乗っかってサブ回線として僕も契約してます。

2回線目ですね。

データ無制限なのでテザリングでスマホからWifiを飛ばせば周りの人に楽天回線を共有したりもできます。

海外でも使用可能なのもさりげなくうれしいです。

ハワイとか台湾でも使えます。

ちなみに公式ではiPhoneが対応していないのですが、設定を変えれば非公式でiPhoneも使えるらしいです。

 

速度を妥協したくないならUQモバイル



僕は使ってないですが、2000円程度の料金でおそろしい回線スピードを叩き出しているのが UQモバイル です。

Softbankよりも速いというデータまで存在します。
リアルタイム通信速度比較ツール「SIMW」=https://xera.jp/simw/

また、速度重視でいえば Y!mobile も選択肢としてあります。

格安SIMでは Y!mobile が一番スピードが早いというデータが多いです。

しかし料金的にはちょっとお高めです。

今回は固定費削減というのが目的なので除外しました。

 

まとめ&小話



以上、節約の初歩、格安SIMについてでした。

実際に4年以上使い続けていますが、今のところ特に困ったことは無いです

間違いなくオススメできるサービスです。

ていうかこれやらないのは本当にもったいない。



ここから小話です。

まず嫁に格安SIMを進めた時の話ですが、理解も早くて柔軟だったので速攻で格安SIMに変えてくれました。

最初は少し怪しんでいましたがね。

でもメリットとデメリットを理解してすぐに試してくれました。


そして次に僕の母親に格安SIMを勧めましたが、結果的に失敗しました。

そもそも母は機械音痴です。

分からないことはスグに人に聞きます。

なのでサポート体制とか安心感が重要だったのです。

一度は格安SIMに乗り換えましたが、よくわからない。スマホが壊れたらどうするの。どこでスマホを買ったらいいの。どのスマホを買ったらいいの。中の写真はどう引き継ぐの。

僕の回答では不安を払拭することができず、すぐにまた au に引っ越しをしました。

そして最新のiPhoneを買ってauショップから帰ってきてしまいました。


母を悪く言うつもりはありません。

もったいないとは思いましたが。

最新のiPhoneでもいいからSIMだけ格安のを使ってくれと。


母と妻の差は何だったのかを考えました。

年齢も大差がありますが、一番は自分で調べたりして知識で自分を安心させられるかどうかだったのではないかと思います。

母は自分で選ぶ自由や節約は求めていませんでした。

お金を払ってでも、これまで通りで店員に聞いたり、修理してもらったり、機種変更ができる安心が欲しかったという事でした。

もっと言うと、一度格安SIMに引っ越したときにめんどくさくなって嫌になってしまったのでしょう。


なにが言いたいかというと


節約とか固定費を見直すというのは、このめんどくさいを乗り越えて、時には知識で不安を緩和して、変化をするということが必要なのでしょう。

これは固定費削減の一つでもある電力会社の変更でも同じことが起きます。


でもこれって、仕事でも同じ現象が発生します。

効率化したり、コストを削減するにはめんどくさいけど変化しなければいけなくなります。

だから、この変化の時代に必要なのは行動力と情報収集になってくるのではないでしょうか。


行動力は慣れで身に付くところがあります。

そして節約の情報はなるべくこのブログで発信していきますので、日々の改善を求めて変化を続けていきましょう。

もちろん、いつか格安SIMすら必要なくなる時代も来ることでしょう。

その時は最速で行動して、紹介していく所存です

コメント

タイトルとURLをコピーしました